ブログトップ

Veggie Disco

veggiepunk.exblog.jp

玄米の韓国海苔巻

e0194046_14371467.jpg
 
夏休みが終わると、子どもたちが
登校してしんと静まりかえる
自宅にて一人祝杯をあげたくなるのは私だけだろうか。
残暑はこれからなのに、毎年「夏を乗り切った。」と
安堵感で秋のことを考え先走る。
冬生まれのせいか夏が苦手な私。
本読みと寝るのと食べるのと
ぼーっとするのが生きがいの私にとって
最高の季節がやってくる。
秋の好きなこと。
栗ごはんにさんまの七輪焼き。
夜更けのチョコレート。昼間のあてもない散歩。
ひと気のなくなった海。
秋のお祭り。羊毛手芸。煮物。草むしり。畑仕事。
ぱりっとかわいた薄手の布団にもぐりこみ本を読むこと。
どれもこれも仕事をしていて子育てをしていると
そうそうできないこともあるけれど、
だからこそのお楽しみ。
食う寝る遊ぶ万歳。
なーんて書き綴っていたのはいいが、登校初日にて
「ただいま~!」
作った海苔巻は3分後に消えてしまいましたとさ。

玄米韓国海苔巻 2-3本

炊いた玄米2-3杯分くらい

にんじん細切り 40g
ひじき 戻して 30g
にんにくみじん切り 少々

木綿豆腐 一丁(余るがまとめて作ると便利)
しょうがみじん切り 少々
オイスターソース(ヴィーガンにするときは
これを濃い口醤油に置き換える)大さじ1
コチュジャン 小さじ1
サラダ油 適量

海苔 2-3枚
ごま油 適量
天然塩 適量

寿司酢
(酢1/2カップ・砂糖大匙2と1/2・塩小さじ1と1/2
を沸かして溶かし、冷ましておく。3合分の量なので
海苔巻を作る量によって残りは保存。)
白胡麻 大さじ1

1.はじめに寿司酢を作っておく。
温かい玄米ごはんに寿司酢を回しかけ切るように混ぜ
冷ます。冷めたら白胡麻を混ぜておく。

2.木綿豆腐を水きりし(急ぐ場合
キッチンペーパでくるんでレンジで3分)
フライパンに油を熱し、しょうがを入れ
香りがたったら豆腐を加えそぼろにする。
中火で水分がなくなるまで根気よく炒める。
8割がた水分が飛んだらオイスターソースと
コチュジャンを入れてさらに炒め完全に水気を
飛ばす。

3.海苔にハケなど(スプーンの背でも
できないことはない)でごま油をまんべんなく塗り、
塩をぱらぱらと均等になるよう振り、
ガスの火の上で両面あぶる。(あぶると塩と油が定着する。)

4.鍋にごま油を熱し、にんにくを入れ
弱火で戻して水を切ったひじきを
炒め、塩胡椒する。にんじんは極細切りする。

5.巻き素の上に韓国海苔を敷き、
玄米寿司飯を広げる。手前から
ご飯を隙間なく乗っけて最後はのりしろ部分を残す。
ひじきのナムル、にんじん、豆腐そぼろを乗せて
ぎゅっとなるように巻く。

作ってみたいな、おいしそうだな、と思ってもらえたら
クリックをお願いします。
読んでくれてありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

Copyright Veggie_Punk All Rights Reserved
このブログ上にあるレシピと画像の無断転写を禁じます。

お問い合わせは veggiedisco@hotmail.co.jp までメールをお願いいたします。 
By VEGGIEDISCO
[PR]
by veggies_punk | 2009-09-01 14:37
<< 車麩のステーキとローストベジ ベジナゲット >>