ブログトップ

Veggie Disco

veggiepunk.exblog.jp

季節の素揚げ野菜と桜味噌だれ

e0194046_1013332.jpg


 赤味噌はうちではもっぱら桜味噌を使っている。
八丁味噌と比べてやわらかく扱いやすく、味にも丸みがある。
一袋500g入りを全部甘味噌にして保存する。
卵黄を入れるやり方をよく見るけれど冷蔵庫で保存した
あとに生臭みが出るので我が家のレシピは卵黄不使用。
そのためよく本では保存期間2週間などとあるが
正味の話、カビが出るまで持つ。
この味噌だれは万能で、こうしてシンプルに野菜を素揚げ
にするだけでごちそうになる。
中でも里芋の素揚げは和製フライドポテトとしておすすめ。
塩を添えただけで何故かとても和風な味わいに
感じるから不思議。味噌でも塩でもほっこりおいしい。
今の時期新もの里芋が出回っているのでぜひお試しあれ。

桜味噌の甘味噌たれ

桜味噌500g
砂糖 150g
みりん 50cc
酒 50cc

すべての材料を鍋に入れ弱火で
常に混ぜながら15分くらい練る。
冷めたら煮沸消毒した
瓶などに詰めて保存する。
e0194046_10133897.jpg


野菜の素揚げ
茄子 2-3本
里芋 4個
ズッキーニ 1本

1.茄子とズッキーニは輪切り。里芋は皮をむき
乱切りする。茄子は水に3分ほどさらしあく抜きし
ザルにあけておく。

2.揚げ油を170度に熱し、里芋を5分くらい揚げる。
続いて少し火を強め180度で
水分をよく拭いた茄子とズッキーニ
をこんがりするまでさっと揚げる。


作ってみたいな、おいしそうだな、と思ってもらえたら
クリックをお願いします。
読んでくれてありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

Copyright Veggie_Punk All Rights Reserved
このブログ上にあるレシピと画像の無断転写を禁じます。
[PR]
# by veggies_punk | 2009-08-25 10:14 | Comments(0)

レンズ豆のベジタリアンバーガー

e0194046_16233738.jpg

ファストフードと子供たちの話。
普段は存在すら忘れていてあえて食べたいと言い出すことはないが、
出かけ先で「M」の看板を見たりすればやはり食べたがる。
なるべく体に優しいものを食べさせたいと思うのは親心として
当たり前のことだと思うけれど、がんばりすぎて子供をしかったり、
抑制しすぎたことによってそれが後にどんな影響を及ぼすか
と想像をめぐらせたりするうちに、なるべく自分らしく自然に行こう。
ファストフードを食べる機会があったらそれはそれで思いきり楽しもう。
と思うようになった。我が家の味というものを子どもは必ず覚えていて、
毎日毎日消えてはなくなるごはんも、心の中では消えたりしない。
大きくなって、やりたい放題やったあと、
笑顔で食べた「家のごはん」に帰ってくると信じている。
肉汁たっぷりのハンバーガーとは別物だけど、
なかなかいける、かなり自信作の野菜100%バーガーをご紹介。
水に漬けて戻す必要のないレンズ豆を使うので思い立った時
すぐに作れる。


レンズマメのバーガー
10枚分
(残った分は焼いてからラップにくるんで冷凍可能)

レンズマメ カップ1と1/4杯
オリーブオイル 大匙3~4ほど(焼くときに油を吸うのでその都度足す)
すりおろしにんじん 1本分
オートミール(細かく砕いたもの) 125ccカップ
塩 小匙1弱
胡椒 適量
パン粉 適量
ベジタブルストック3カップ
(お水750ccと、顆粒コンソメなどのスープの素でもよい。
濃さは表示どおりに)
セロリ 1本(細かく刻む)
パプリカ 70g(みじん切り)
にんにく 2個(みじん切りまたはマッシュ)
小麦粉 大匙3

1.鍋にスープストックと豆を入れて火にかけ、
煮立ったら弱火にしてかき混ぜながら30分ほど煮る。
水分がなくなってかき混ぜたときに底がすっと見えるよう
になったら火を止める。
2.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れてから
弱火にかけ香りが立ってきたら中火でにんじん、セロリ~
パプリカ全てをくわえ8分ほど水分がある程度飛ぶまで炒める。
バットなどに移し冷ます。
3.2に1を入れ、小麦粉・オートミールを加えよく混ぜ、塩胡椒で味を調え
冷ます。濡れた手で成型してパン粉をまぶし
オリーブオイルを熱したフライパンで中火で両面こんがり焼く。

胡麻ソース(すべて合わせて混ぜる。)
練り胡麻 大匙3
酢 小匙1.5
塩胡椒 少々
醤油 小匙1.5
水 大匙4
ピタパンやトルティーヤ、食パンなどにバーガー、生野菜を挟み
胡麻ソースをかけて食べる。
ヴィーガンでなければチーズを一緒に挟むのもおすすめ。


作ってみたいな、おいしそうだな、と思ってもらえたら
クリックをお願いします。
読んでくれてありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

Copyright Veggie_Punk All Rights Reserved
このブログ上にあるレシピと画像の無断転写を禁じます。
[PR]
# by veggies_punk | 2009-08-24 16:25 | Comments(0)

トマトともずくの白玉粉天ぷら

e0194046_12213496.jpg

 十代のころハワイに行って、クヒオ通りにある
デリカテッセンのお店で’TENPURA FRITTER ’
という名前でブロッコリーやカリフラワーの天ぷらなどが
売られていた。当時はブロッコリーか・・と違和感を
覚えたものだが、その後海外で生活をするごとに何かを
料理するときにはそれに大抵の場合に使われている素材を
使わなければならない、という概念がなくなってしまった。
逆にその部分が料理の面白さであり、醍醐味だと思う。
ヨーロッパにはおいしいかぼちゃもさつまいももない。
その代りにとびきりおいしいパースニップや
バターナッツスクォッシュがある。
先日お気に入りの和食屋さんにて季節の定食を注文すると、
もずくの天ぷらが出てきた。
生まれて初めて食べるその食感はとても新鮮だった。
うちに帰ってさっそく、白玉粉を使って卵を使わない精進
てんぷらを試してみた。冷たい麺類と一緒に出すと
夏場の少し疲れている時でも食欲を増し、見た目にも楽しい。
枝豆とコーンのかき揚げや、茄子とフレッシュバジルのかき揚げ
なんかも夏野菜変わり天ぷらとしておすすめ。


トマトともずくの白玉粉天ぷら


トマト 2個
もずく 80g
白玉粉 1/4カップ
小麦粉 1/4カップ
水 1/2カップ
揚げ油 適量

1.トマトは分厚めの輪切りにし、種をスプーンで
取って(取ったものはポテトサラダなどに混ぜて食べています。)
キッチンペーパや布巾で良く水気を拭いておく。
もずくはザルに取り、こちらもキッチンペーパなどで
良く水気を拭いておく。

2.ボウルに白玉粉、小麦粉、水を入れかき混ぜ、
油を180度強に熱しトマトともずくをくぐらせて
短時間でカラっと揚げる。
もずくは一口分くらいを箸で取ってから
天ぷら生地の中でぐるぐるしてまんべんなく
まぶしつけてから揚げるとはねにくい。

コツはとにかく水気をよく拭くこと。
もずくは酢漬け以外のものを手に入れるのがなかなか
難しいので、見つけた時はまとめ買いして
ラップに一回分ずつ平たくのせて冷凍しておける。
使うときはボウルに水を張った中に放して解凍して
使う。味噌汁、酢の物、うちではチャーハンやら
焼きそばに入れたりも。


作りたいな、おいしそうだな、と思ってもらえたらクリックをお願いします。
読んでくれてありがとうございました。



Copyright Veggie_Punk All Rights Reserved
このブログ上にあるレシピと画像の無断転写を禁じます。
[PR]
# by veggies_punk | 2009-08-21 12:22 | Comments(0)

サモサ IN LONDON

e0194046_13434821.jpg 

初めてサモサを食べたのは、
ロンドンストークニューイントンにある義理の弟のフラットに
滞在中のことだった。遅めの朝ごはんを買いに
フラット近くにあるインドの家族が経営するお惣菜屋のような店に
ベーグルサンドイッチを買いに行った時のこと。
そこへは滞在中毎朝立ち寄ってはベーグルを買っていたのに
サモサがあることに気がつかなかった。旅行中、
特に時差ボケの残る体は何故か四六時中食べ物や
飲み物を欲するし、ホリデーに来ていてこれを食べて
帰らない理由は見当たらない。
日本で見るものよりも比較的フラットな三角形をした
揚げ餃子に近いものだった。
皮の食感もとても素朴なもので、パンのような食感
ではなくサクっとしてすぐに崩れるようなもの。
食べ物はそのものの素材、味つけや作り方で
織りなされるものとは別の次元でいつ食べたか、
誰と食べたか、どのような思いで、どんな場所で、
どんなお皿で?はたまたどんな話をしながら?
など様々なシチュエーションで食べたかによっても
味の思い出がまったく違うものとなる。
あのとき食べたサモサは、
あの小さい店のガラスのショーケースに
見たことのないお惣菜たちとともに所狭しと
並べられた様子、油引きの紙にくるんで渡してくれた
曇り空に似合うちょっとだけ無愛想なインドの女の子の仕草、
小走りに地下鉄の駅まで急ぎつつおしゃべりしながら
歩き食いしたあの日をフラッシュバックさせる。
帰国してから様々なレシピを試し、
どれもそれなりにおいしいけれどロンドンで食べた
あのサモサの皮とはどれも程遠かった。
試行錯誤して時間がかかったけれど
やっとこさ私の思い出のサモサに辿り着けたような気がする。
この食感こそが少しチープでジャンクな、
私にとってはベストなサモサ。

トマトソースを添えて、できたら濃く淹れたアイスチャイと一緒に。

サモサの皮
薄力粉 100㌘
強力粉 100㌘
(さくっとしたほうがよければ薄力粉を
もちっとしたければ強力粉の比率を増やしてお好みに)
塩   小さじ3分の1
水   105cc(様子を見ながら足して)

上記をこね合わせ、表面がなめらかになったらラップで包んで
冷蔵庫で30分~2時間ほど寝かす。
(寝かす時もたくさん寝かせるとそれだけもっちりするから
さくっとさせたければ早めで)

1.この生地を6等分する。
約15センチの丸型に薄く伸ばし、それを
半月型に半分に切る。

2.半月型の直線のほうから両端を曲線の面の
中心に向かって折り、三角すいの形に成形し、
フィリングを詰めて閉じ、180度の油でこんがり
となるまで揚げる。


フィリング
じゃがいも 300g
グリーンピース 100g
カレーパウダー 小さじ2
クミンシード 小さじ1
サラダ油 大匙1
塩 小さじ1/2弱
胡椒 少々

1.じゃがいもは皮をむき水から茹で、
竹串が通ればざるにあける。

2.フライパンに油をしき、カレーパウダー
とクミンを入れてから弱火にかけ、
1~2分炒めて香りを出す。

3.1のじゃがいもとグリーンピースを入れ
木べらなどでじゃがいもを潰しながら炒める。
塩胡椒し、スパイスがよくなじんだら火を止め、
冷ましておく。



作りたいな、おいしそうだな、と思ってもらえたらクリックをお願いします。


[PR]
# by veggies_punk | 2009-08-20 13:47 | Comments(0)