ブログトップ

Veggie Disco

veggiepunk.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

喜!!!!

e0194046_1202313.jpg

東京の伯父叔母からこんなにたくさんの
おいしいものが届いた。送ったよメールを
もらってから3日とたたず届きびっくりした。
ブログでも何回か叔母のことは書いた気がする。
幼少期毎日忙しい母に代わりご飯を作り面倒を見てくれた。
私の実家の味、というと叔母の味というわけなのです。
今でもちょっと辛いマーボウ豆腐の味とか、
カレーを作る時にもちょっと手間掛けてルーを先にじっくり
フライパンで炒めていたことを
思い出して見よう見まねでやってみたり。
学校帰りにお腹が空き過ぎて夕方によく作ってくれた
チャーハンにはいつも細切りのじゃがいもが
入っていてそれがすごく懐かしくなって今でもたまに
入れたりします。オムレツにはじゃがいもと
挽き肉の炒めたのが挟んであったなあ。
とびきりおいしい手作り餃子も山のように
作ってくれた。毎日のようにおやつで用意してくれた
お味噌をまぶしたおにぎり、懐かしいなあ。
食べ物は毎日一瞬で食べられて消えてしまう
けれど、心には必ず残るものなのです。
おいしいものを追求するということに
かけては私も私の姉も彼女に強い影響を受けているのかも
しれません。
e0194046_1203969.jpg

一番うれしかった手作りのらっきょう、味噌、梅干し、そしてそして
大好物のふきのとう味噌。
10年前に渡英したときもこれを送ってくれたのです。
手紙を読みながらちょっとしみじみしてしまって・・
生れてから一番かわいい盛りだっただろう(自分で言うのもへんだけど)
私、せがんで何度も一緒に連れて帰ってもらって
おばちゃんちにお泊まりしたものです。
あんな小さかったのに本当によく覚えているものなんですよね。
4歳くらいの頃おばちゃんが帰る時間になると悲しくて
母に抱っこされながら火がつくように泣いたのも覚えている。
ちょっと大人しくて内向的だった小学校時代、
そしてそれが火山の噴火のように中学から反抗期。
ぜーんぶ、よみがえってきて。毎日会っていたから
母と同じように生意気な口答えもしてたしいろいろ迷惑かけて。
あーー穴があったら入りたい思い出も・・
本当に本当にありがとうっっ
[PR]
by veggies_punk | 2012-04-13 01:50 | Diary | Comments(0)

気分だけでもメキシカン

どんより曇りの続くイースターホリデイですが
陽気な気分になりたくて 
メキシカンランチ。
ファヒータはいろいろ野菜と、クオーン(きのこから
出来たベジミート。鶏肉とほぼ同じ食感)、
タコスミートは大豆のそぼろで作りました。
ケイジャンスパイスとチリペッパー、にんにく、
トマトペーストで味付け。ワカモーレは
ヨーグルトと塩胡椒のみで油は入れずヘルシーに。
サルサも香菜、レモン汁とにんにく、タバスコのみでさっぱり。
e0194046_1241672.jpg

はい。予定通り皆スパイスで陽気になりラバンバを
歌う人も出てきたので大成功。
これだけたくさん用意しましたが
もちろん一つ残らず皆平らげました。
家族5人の食卓とは常にパーティです。
そして散歩へ・・・
e0194046_1253026.jpg

行き帰りで6キロほどは歩きました。
4歳の三男は長靴ブームで
しかもこれはお下がりで18センチと彼には大きすぎるというのに
これじゃないといやだといい張る。なのに
数分後疲れて抱っこ、と言いだすのがお決まりです。
うーん、テリブルツーはいつ終わるんだろう。
テリブル4に突入してまんがな。
今週の金曜日は長男が13歳に。
明日は誕生日プレゼントの自転車を買いに
HALFORDに行って来ます。
ケーキは渋く「モンブラン」がいいそうです。
[PR]
by veggies_punk | 2012-04-09 01:29 | Diary | Comments(0)

海へ

毎日すぐそこに海がある。という
環境、何と贅沢だったんだろう。と思います。
2時間半かけて一番近い海辺まで行って来ました。
e0194046_2241225.jpg

海を見た瞬間、きっとわー!と感動するんだろうな、
と思いながら興奮気味に浜辺に到着してみんなで座って。
意外にも私の気持ちの中は葉山のことで胸がいっぱいになって
しまいました。とても複雑な気持ち。あの海が本当に好きだった。
予想していたものとまったく異なる感情が湧いて自分でも動揺しつつ
家族を見ると、長男は私と同じことを考えている様子でした。
ぽつりと「岩場で魚とったりしてえなぁ」
他の人々は・・
やっほーう!という感じ 笑
e0194046_22454026.jpg

数分後には寒いって言うのにみんな裸足になってズボンをたくしあげて
水の中に入って全員着替えもないのに大変な状態になって
遊んでいました。やっぱり来てよかった。
とみんなの笑顔を見て母は思いました。
ここの浜辺に落ちている石が本当にみんなきれいな色で、
全部絵の具にしてしまいたい!と思うほどでした。
思い出にいくつか拾って、パブでサンデーランチをし帰宅。
海へ行くと本当にいろんなことが癒されます。
険悪ムードなときもいつの間にか海辺を歩けば忘れちゃうし
私は不思議と肩コリとか腰痛も治るのです。
やっぱりいつかまた、海の近くに住みたい。と思いました。

おまけ:「えっ。そんな色、選んじゃうのっ」
私の心の叫びでしたが
「他の色は全く目に入りません。」との
彼の心の叫びが聞こえたので泣く泣く・・・
何味?と聞くと「ガム味」と言っていました。
オエー
e0194046_22525318.jpg

[PR]
by veggies_punk | 2012-04-03 22:58 | Diary | Comments(0)