ブログトップ

Veggie Disco

veggiepunk.exblog.jp

カテゴリ:Diary( 139 )

豆スナック

e0194046_1283081.gif

豆のおやつはいろいろとありますが、
インドの定食屋さんで出てきそうなこんな
おやつもたまにはいいですよ。
写真、ぼけすぎてしまいました。
ポリポリカリカリ・・・手が止まりません。
一見ビールのお供に最適!と思うでしょ。
実際そうなんですが、家では三男・2歳の大好物で、
ビールのおつまみにする前に彼に食べられてしまう
ことの方が多いです。
赤ちゃんのころから歯固めになるような
全粒粉と水だけでこねたビスケットとか
与えていたからか、歯ごたえのあるものが
大好きなようです。
食べることが大好きでぽっこりお腹が
出ています。かいくんのお腹、赤ちゃん
入ってるー?と私が聞くと、
カタコト言葉で「あかたんはいってんの」
意味もわからず答えてます。

訪問のしるしによかったらクリックしていってくださいませ。
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村
[PR]
by veggies_punk | 2010-03-12 12:18 | Diary | Comments(0)

クロワッサンBIO撮影などなど近況

昨日はクロワッサンの発行するムック本の料理ページ撮影でした。
長男のアレルギーをきっかけにあらゆる食生活や習慣を試しては
肩を落とし、又何かを試しては肩を落とし、そんなことを
繰り返すうちに、完治しようとするからこんなふうに思うんだ。
と気がついてアレルギーやぜんそくとうまく付き合っていく気持ちを
持てるようになったときから大事なことがいろいろ見えてきたりしました。
子どもと笑顔で過ごせる範囲にゆるめてみると、
気持ちが楽で居られるから目に見えない栄養とかお薬みたいなものが
生まれて、心が健康になって、私にとっての
食生活へのこだわりとの距離感みたいなものがわかった気がしました。
それで昨日のお仕事はその私の好きなご飯そのもの!
というセレクションでレシピ提案ができたというとてもうれしいお仕事で
きっとまた思い出となる一冊になりそうです。
豆に乾物、玄米に野菜、大好きな食材だけどストイック過ぎずに
誰でもおいしいと思える自由で楽しい調理法で食べたいのです。
5月に発売になります。
今月はいろいろとやることが詰まっていて
落ち着くのはいつごろかなーと思ってカレンダーを眺めていたら
撮影などが落ち着くころにちょうど
マザーズディクショナリさんの新宿でのイベントがあって、
ARAHABAKIさんでのおやつイベントが2日間。
みっちり充実な3月となりそうです。楽しく忙しいのはありがたいことです。
又いろんな出会いがありますように。


訪問のしるしによかったらクリックしていってくださいませ。
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村
[PR]
by veggies_punk | 2010-03-11 07:34 | Diary | Comments(0)

甘~いお菓子のリクエスト

e0194046_9431859.jpg

夜夕食が終ってこたつに入ってぱらぱらと
洋書のお菓子の本をめくっていると
横で上の子2人がこのお菓子のページにくぎ付けに。
「マミー、食べたい食べたい食べたい!!これ、
絶対に作ってほしい!」
2人して甘いものモードだったようで
かなり熱狂的にお願いされて母はがんばった。
作ること自体は楽しみでもあるけど、
なぜなら私自身はこういったお菓子、全然食べたいと
思わないから・・。
イギリスでは見たことも聞いたこともなかった
お菓子でその名もウーピーパイ。
ハンバーガー?というくらいのボリューム。
ケーキの部分はココアたっぷりの生地を
重層で膨らまし、
中はマシュマロを一度弱火で溶かしてから
又固まりかけるときに挟み込んでみた。
オリジナルレシピだと
マシュマロクリーム(にほんでは見たことない)
に粉砂糖とかバターをたっぷり混ぜるよう。
チョコレートでコーティングすればまるで
小さいころ、大好きだった
ロ○テのチョ○パイだ。あのジャンクの塊の
ようなものを食べさせるよりはいいだろう・・。
と時にこんな檄甘おやつも焼いたりする。
2歳はまだまだ大丈夫。見ても全く興味なし。
私と一緒にレーズンと全粒粉をライスミルクと
紅花油で練って焼いたクッキーを「んまい。んまい。」
と食べてくれる。
できるとこまでやったら、
あとはある程度ゆるゆるで育ててあげたいと思ってる。
そしていつかちゃんと自分で軌道修正できる時が
来ると思うから。
一人立ちしたときにすべてが吹っ切れて
毎日チョコレートバーを持ち歩き、
ファストフードに毎日通うような人には
なってほしくないから、そして
きちんと自分の体質を
理解しながら自己管理できる人になってほしい
からこその私の選択。
学校や友達とのパーティで、
みんなとおいしいもの食べて笑って遊ぶ
時間が身体に悪いことなわけないと私は思っている。
長男はアレルギーがひどいので
そういう不摂生をしたあとっていうのは必ずアトピー
や喘息は悪化するけど、
そういう経験もあるからこそいろいろ
学んできてくれたと思う。
我が家では’’気持ちの健やかさ’’が常にプライオリティ。




訪問のしるしによかったらクリックしていってくださいませ。
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村
[PR]
by veggies_punk | 2009-12-08 09:52 | Diary | Comments(0)

冬のいつもの作り置き

e0194046_923884.jpg

玄米は塩を加えると完全食になるので
朝ごはんとか、夜忙しいときに
おなかが空き過ぎて不機嫌な子にぱぱっと
温めて食べさせられるので良く作り置きする。
塩だけのおかゆはもうなかなか食べてくれないから
トマトリゾットが一番多いかな。
スープストックでコンソメ風に炊いたり
カレーパウダーで炊いたりもする。
以前玄米で炊きこみご飯風に炊けないかと
いろいろ研究したことがあったけど
結局、リゾットが一番おいしいという結果に。
パリッとおこげ風にしたかったら
一度冷ました後、フライパンで焼きリゾットにすると
又違った食感でおいしい。
旦那さんは朝お米類が食べられないのにこれだけは
冬になると喜んで食べている。
次の日はコロッケを作るお楽しみもあり。
だけど最近は上の子2人がものすごい量を食べるようになり
毎度のご飯の残り物というものが出ることがとても
少なくなってきた。以前はそれをどう翌日アレンジしようかと
考えることが多かったのに今は逆に’余らないかな~・・
余ったら明日○○にして食べられるのに’と内心思うことの
方が多くなってしまった。
とはいえまだ10歳と8歳。そして末っ子のもうすぐ2歳は
2歳にして彼らの半量くらい食べるという末恐ろしい食いしん坊。
彼らが中学生、高校生になったとき、
今年で6年目になるケータリングの仕込みの技が家庭でも活かされる
であろう。恐ろしや・・・。

*今月号レタスクラブにて子どもがいても家の中すっきり、の
取材を受けました。機会があったらご覧くださいね。
要はモノを買いすぎないこと、
貯め過ぎないことが本当は一番のコツかもしれませんよね。
絶対にこれは必要。とゆるぎなく思うものしか手に入れないこと。
見つかるまで他のものは買わないこと。そして年をとるごとに
そういったものってそうしょっちゅう現れなくなってくるものです。
訪問のしるしによかったらクリックしていってくださいませ。
にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村
[PR]
by veggies_punk | 2009-12-08 09:24 | Diary | Comments(0)

BAKING!BAKING!

人は忙しければ忙しいほど、自分の
したいことに時間を費やそうと努力
するもの。疲れているから寝ればいいのに・・
翌日はどうせ時間がないだろうと思うと
またまた台所で何かしている。
そして朝がつらいのもわかっちゃいるけど
やめられない。先日友人にいただいた
マヌカハニー(ものすごく効くらしい)
で乗り切るのだ!
一人夜中のBAKING祭りの模様。
古いショルテス君がいったい急にどうしたの。
と驚いていることだろう。
写真、暗い中で急いで撮ったからこんなんあり?!
という感じで申し訳ない。
クレームブリュレ・チーズケーキ・
フォカッチャ二種・ミニキッシュを一気に焼いた。
e0194046_856138.jpg
e0194046_8563740.jpg
e0194046_8565630.jpg
e0194046_857236.jpg

ガスオーブンでブリュレはうまくいくのか?
(低温でじっくり蒸し焼きにしないと
あの特徴的ななめらかでまったりした
テクスチャーにならないので)
そしてフォカッチャのように高温で焼き上げるものはどうなの?!と・・。
いつも以上においしく出来上がり、ご機嫌だった。
ただし、火が立ち上がるまでは問題。
スターターが壊れているから
マッチなどでボッ!と下火部分に火をつけて
ガスと空気穴のボタンを手で1分くらい押し、
そーっと放して時間をかけながら温度設定
ダイアルを回す。途中で火が消えたらまたやり直し。
まきストーブの火おこしと同じくらいの時間
がかかることも。一度火が付いてしまえばしっかり
燃えて、途中で立ち消えすることもなく焼ける。

先日書いた記事の輸入ガスオーブンの話で
完全にあきらめてこの古いオーブンと付き合う覚悟を
した直後、問い合わせだけしておいた
会社から電話が。。なんとあと2台だけ
ロジェールがあるという。頼めばなんとか設置していただける
と言われたのだが、どうしても今
完全に壊れたわけではないこの子を手放したくないという
気持ちが強くなったし、いつもの自分の生活する上での
モットーが「これ以上の便利は要らないよ。」なもので
冷静になり丁重にお断りした。
悩みに悩んだ挙句の現状維持。またいつものパターンだ。
[PR]
by veggies_punk | 2009-12-02 09:15 | Diary | Comments(0)

ヴィーガンのゴッドファーザー

なんて大げさなタイトルになってしまったが、
私が9年前ほどにヴィーガン(動物性食品を一切
摂取しないベジタリアン)というものを知るきっかけに
なったのが義理の弟だった。
彼は当時かなりタイトにヴィーガン生活していたから
日本へ遊びに来たときに
そばを出せば一口食べ、てんぷらを出せば一口食べ、
毎回怪訝そうに「この汁は何が入っているのか?」と
尋ね、そのたびに私は言葉を詰まらせた。
カツオから取っただしなのだということを知ると
とても残念そうに箸を置く彼を見て、
とんでもないお客だ、とわたしも悲しくなったのを覚えている。
その後自分も家族のためにとそれ以上にストイックなマクロビオティック
にはまるとはつゆ知らず。
いろいろな仲間と触れ合ううち刺激しあい影響しあい、という
若い年代だったから彼はまた時を経て今私と全く同じく
ゆるい(いや、かなーりゆるい)ベジタリアンという風に落ち着いていて、
遊びに来ても全く同じ感覚で御飯が食べれて楽しい。
「外食が続いて、おもてなしで鉄板焼きに連れて行ってもらって
おいしかったけど、しばらくベジ生活にするよ」と今回
うちへ立ち寄った際にも言っていた。
お互いちょっと年をとって、なんだか丸くなった。(いろんな意味で。)
そんな彼と息子は会うたび一緒に仲良く並んで絵を描いている。
e0194046_8464572.jpg

毎年データに落として保存しているから
10年後にまたみんなで見るのが楽しみな絵たち。

彼の本業である作品。(数ある中から2つ)






にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

Copyright Veggie_Punk All Rights Reserved
このブログ上にあるレシピと画像の無断転写を禁じます。

お問い合わせは veggiedisco@hotmail.co.jp までメールをお願いいたします。 
By VEGGIEDISCO
[PR]
by veggies_punk | 2009-10-01 08:48 | Diary | Comments(0)

クリームティ

e0194046_1063344.jpg


雨が降っていて家でスコーンを食べるのはまさに
イギリス生活を思い出させる。
あまりに雨が続くと朝から気分が滅入るから
たまには朝の10時のお茶できちんと紅茶を淹れて、
ティーセットを用意して、ティーポットも
ティーコゼでカバーしてソファにゆっくり腰掛け
苺ジャムとクロテッドクリーム、まだ温かいスコーンを
一緒に食べた。
いわゆる「クリームティ」と呼ばれるもの。
思えば10時には必ずお茶の時間をしていた気がする。
子どもを連れて近所のお遊びグループのようなものに行っても
誰かのお宅へお邪魔しても10時になるとお茶かコーヒーどちら?
と聞かれてビスケットが一緒に出る。
大きな缶に入ったビスケット。とても懐かしい。
7年前のことになるけれど
コーヒーは当時まだイギリスで流行り始めたときで
日本のように流行をすぐに家庭に取り入れたりしないイギリスの
一般家庭ではまだインスタントコーヒーが普通だったから
飲んでもどこかの本に書いているように雨の日の水溜りのような色をして
おままごとの泥水のような味がした。
だから決まって私は「TEA PLEASE」と答えた。


画像のこと。
全粒粉の入ったスコーンにたっぷりのクロテッドクリームを
挟んでメープルシロップをとろり・・・
と思ったでしょうか?
実はこれは生のカシューナッツを使った
生クリーム(?)。リッチさを出すのに
豆腐のクリームでは限界があり、気分によって生クリームの
代用としてナッツを使う。生ナッツを使うのがコツ。
クレープなどのフィリングにも使えて
糖分を入れなければポテトグラタンなどにも使える。


*************************
読んでいただきありがとうございました。
クリックしてもらえるとうれしいです。


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

Copyright Veggie_Punk All Rights Reserved
このブログ上にあるレシピと画像の無断転写を禁じます。

お問い合わせは veggiedisco@hotmail.co.jp までメールをお願いいたします。 
By VEGGIEDISCO
[PR]
by veggies_punk | 2009-09-29 10:10 | Diary | Comments(0)

玄米と息子

e0194046_12464591.jpg

思えば私が玄米を炊き始めたきっかけになったのは
長男のアレルギーだった。
子どもたちにはいろいろと悩まされ、そのたびごとに
いろんな気づきがあり、「たいへんたいへん」
なんて言っているけど本当はありがとう、と言わないと
いけないのかもしれない。
本々食が細く野菜が大嫌いだった2歳ころの長男。
お皿には必ず毎日野菜のごはんを乗っけて出した。
食べなくても必ず毎回。ほんのちょっとでも。
保育園の協力もあって卒園する頃には好き嫌いもなくなり
今ではこちらがストップをかけるほどの大食いさん。
ただ、玄米だけは出すと嫌がった。でも2歳のころの
野菜のごはんほどの頻度でなくても、私が食べたいと思えば
遠慮なく玄米を出し続けた。「え~。やだ~。」と言われても
「これしかないよ。」
残されても、まあ一食主食ぬきでも死にはしないでしょう、と
こんな気持ちで。
それがついこの間
丁度夏が終わって雑穀やみそ汁がおいしく感じられる
秋晴れの肌寒い日のこと。玄米菜食ごはんメニューを食べた
長男。「玄米って~、おいしいねえ~。」
母はこの一言を待ってました。
カレーととろろごはんのときは特に、最高なんだそう。
わかっているではないか・・!10歳。
わたしも子供のころ苦手だった五目豆が週に一度は食卓に
上がって、嫌いだったはずなのに今ではとてもなつかしく
思う実家の味だったりするから、いつものご飯は
子どもにとって大嫌いが大好物に突然異変する可能性を秘めている。
食べてほしいな、と思ったらしつこく横でおいしそう~に
食べ続けるのが一番の近道なのかもしれない。



*************************
読んでいただきありがとうございました。
クリックしてもらえるととってもHAPPY


にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

Copyright Veggie_Punk All Rights Reserved
このブログ上にあるレシピと画像の無断転写を禁じます。

お問い合わせは veggiedisco@hotmail.co.jp までメールをお願いいたします。 
By VEGGIEDISCO
[PR]
by veggies_punk | 2009-09-25 12:49 | Diary | Comments(0)

その差は

e0194046_22402977.jpg

あなたは「障害者」と呼ばれる人がいることを知っていますか
あなたは「健常者」と呼ばれる人がいることを知っていますか
あなたは、どちらですか。その差はどこにある、と思いますか
自分に合った服を探す、食を探す、友を探す
恋人を探す、職を探すのは、なぜですか
見つかりましたか
なぜ見つかりましたか
どこまで妥協しますか
妥協する要因は自分にありますか。自分を取り巻く状況にありますか

自分にある要因を個性と言います
取り巻く状況にある要因を障害と言います
自分にあったものを見つけるということを福祉と言います

体が大きい、小さいは障害だと思いますか
体の大きい人がLLサイズの好みの服を見つけるのは大変で
妥協を余儀なくされることがありますがそれは個性でしょうか
Mサイズが中心の社会なんだから、体をMサイズの服に合わせるしか
ないとなったら、その状況はどうでしょう
体をMサイズの服に合わせられなかったら、障害者でしょうか
目が見えない人はどうでしょう。耳が聞こえない人は、車いすの人は
知的障害者と呼ばれる人は、何が障害だと思いますか

さてMサイズとLLサイズの差は
目の見える人と聞こえない人の差は
耳の聞こえる人と聞こえない人の差は
歩く人と車いすの人の差は

知的障害者といわれる人と知的健常者といわれる人の差は

社会福祉法人湘南福祉センター 工房KAI より


レシピとも、写真とも関係のないことを書いてごめんなさい。
葉山芸術祭にて出会った作品の作家さんたち工房KAIのことばを
引用させていただきました。私の心にとても響いたことばです。
読んでくれてありがとうございました。



にほんブログ村 写真ブログ 料理写真へ
にほんブログ村

Copyright Veggie_Punk All Rights Reserved
このブログ上にあるレシピと画像の無断転写を禁じます。

お問い合わせは veggiedisco@hotmail.co.jp までメールをお願いいたします。 
By VEGGIEDISCO
[PR]
by veggies_punk | 2009-09-03 22:41 | Diary | Comments(0)