ブログトップ

Veggie Disco

veggiepunk.exblog.jp

バイリンガル

何気なく昔の投稿を見ていてびっくりしたことがありました。
この記事には渡英して半年くらいたったころ、三男が4歳になる
時のことです。このころはもちろん
彼と日本語で当たり前のように会話していたころ。
「お誕生日だからお誕生の歌とか歌ってもらえるかもよ」という
フレーズを見て、こんな長い文章の日本語、通じてたんだ・・・という
ショック。今これと同じこと言っても3回くらい、しかもゆっくり
説明しなければわからないかも!!
それでつい、面倒になってまず先に上の子2人がいつのまにか
三男に対し日本語を話すのをやめてしまったことでさらに
彼の日本語リスニング力が落ちてしまい、忙しい時や
大事な話をしなければならない時には私もつい英語にしてしまったことで
もはや手遅れ・・・
この記事を読んで、きっと普通に日本で当たり前の会話をしていたんだ
私たち。と思ったらなんだか切なくなってしまいました。
今はすっかり日本語のアクセントは外国人そのもの。でもそれでもいい!
あきらめてしまったらおしまい!
もーあきらめた!と人になげやりな言動をしたりしている私ですが
毎日5分~10分くらいはひらがなを教えて、
簡単な単語は全部読めるようになりました。
かなりの亀ペースでも、絶対にやめない。ここに誓います。
そのかわり親子して自分らペースでないと行動できないタイプなので
多分日本語補習校も行かないし、グループ学習もしません。
でも、やり続けることだけは、やめないで頑張ろうと思います。
ペラペラ日本語を話している時代に、録音しておけばよかったなあ・・・
それだけはとても後悔しています。

上の子二人はティーネイジャーです。そして
渡英時4年生と6年生だったため日本語のベースはしっかりできたまま
今も変わりません。長男は幼少期、夫はもちろん、私も英語のみで接し
本やテレビを全て英語のみにしていた日本での血のにじむような
努力で元々英語を話したので今でも完璧なバイリンガルと言えます。
その血のにじむような努力は次男が大きくなるにつれかなりものぐさに
なり、次男に対しては全部日本語でテレビもあんぱんまんやらNHKやら
毎日見てしまったがゆえ彼は一切英語を話さないまま渡英し、
いまだに英語より日本語が得意です。でも読み書きは雑ですが
普通にこなしています。
三男も一切英語を話さないまま3歳で渡英。小学校のファンデーションに
入学して間もなく、ある時気がついたら本当にある時ふっと気がついたら
一切日本語を話さなくなっていました。

面白いのは年の近い上の子二人は今でも必ず日本語で会話。
三男が会話に入ったとたん全員英語に切り替わります。
その合間も上の2人は私の目を見たらぱっと日本語に、
三男や父親と目が合うとぱっと英語に。
これは私も同じです。間違えてそのまま
英語のまま話していることもあるけど
もしも私と上の子だけの空間であれば100%完全な日本語の会話です。
そんなわけで家族全員で過ごす時には
ものすごい勢いで英語と日本語が数秒ごとに飛び交っております。
三男の日本語、あきらめないぞ!


[PR]
by veggies_punk | 2014-11-21 06:09 | Diary | Comments(0)
<< 地味なDIYはつづく Tah-dah! >>