ブログトップ

Veggie Disco

veggiepunk.exblog.jp

フライパンのお話し

e0194046_934441.jpg


久しぶりに道具のお話し。
テフロンなどのコーティング加工されている
フライパンを少し前に止めました。
使用頻度の高い我が家ではテフロンだと
半年は持たず、少しはがれてくると体への害
も心配で、ゴミも毎回燃えないゴミがでるのが
本当に嫌。
塗り直してくれるところもありますけれど
新品が買える以上のお値段で配送料もかかるとくれば
利用者が増えないのも納得してしまう。
そこで思い切って、何層もの層からできている
ステンレスのフライパンに総替えした。
鉄のフライパンは元々何個も持っていたので
引っ張り出して又使うことにした。
年をとったらこの重さは無理かも・・と鉄のフライパンを
持つたびに思うんだけれど、
びっくりだったのがステンレス。

子どもの頃実家で小鍋、大鍋、フライパンなどなど
これと同じような多層構造のステンだった。
シリーズで全部揃えて洗剤からなにからなにまで
そこのブランド。
ただしばらくすると焦げ付くしかさばるし使いにくい、と
家族がぶうぶう言っていたのがすごく印象に
残っていて大人になって料理をするようになってから
もずっと避けていたのです。

ところが
思い切って購入に踏み切ったらば
軽くて熱の伝わりが良くて正しく使えば
全く焦げ付かない。そして
体に害のある素材がはがれる心配がなく、
半永久的に使えるのだから
今まで何故使わなかったのか、損した気分・・・。
おまけに多層の良い品をそろえれば
無水鍋としても使える。
良い品と言ってもいまどきは
安いテフロンを5-6回買い替える値段で
買えて20年以上使えるのだから
その間に出るゴミや消費を考えたら
高い買い物ではありません。
使用頻度の高い、料理好きな家庭には
本当におすすめします。
レシピ提案の仕事をする立場からすると
この方法自体は全く使えないんだけど、
揚げ物がわずか1-2センチほどの油で
揚げることができるんですよ、しかもカリっと
香ばしく。パンケーキは焦げ付くどころか
普通のフライパンでは出せない黄金色の
きめの細かい焼き色と
何とも言えない軽い舌触りに仕上がる。
クッキーとケーキがこんがり焼ける。オーブン要らず!
久々に感動した料理道具のお話しでした。
ちなみに、私はアムウェイの7層構造を
使っています。実家で使っていたのも
アムウェイでした(笑
これで焦がしちゃっていた母はよっぽどの
あわてんぼうだったのかも。

餃子は鉄の方がうまくいく、とか
もっとどっしりした印象のパンケーキを
焼くのは鉄の方がいいとか
いろいろ癖はあるんだけれど
それを使いこなすのが又楽しいもんです。

掲載誌などの仕事のご報告は別ブログ
http://ameblo.jp/a-m-o/ の「お仕事・お知らせ」カテゴリーを
クリックすると、2004年からの活動記録が参照できます。




[PR]
by veggies_punk | 2010-11-15 09:36 | 台所のこと | Comments(0)
<< 12月4日、5日 くらすことさ... 掲載誌のお知らせ >>